yokoi_rogo.jpg

横浜市金沢区 横井医院
内科・胃腸科・放射線科

京浜急行線金沢文庫駅

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


神奈川県横浜市金沢区寺前2-17-22-101
電話 045-701-9867

壮年期<40代~60代>の男性

働き盛りの男性の、生活習慣病(突然死)、喘息(ぜんそく)、痛風、かぜ、インフルエンザ、胃腸炎などを治療します。

生活習慣病

この年代の方の生活習慣病で気をつけなければならないことは、あまり頻繁にはないことではありますが、突然死を防ぐことです。ちゃんと病気をコントロールできていなければ、突然死してしまう恐れはあります。働き盛りの方が急に亡くなると、周囲の人は大変困ったことになります。
日ごろからの健康管理は大切です。健康診断は必ず受けましょう。健康診断で数値異常があったからといって、すべて治さなければならないわけではありません。問題がある場合は投薬も含めて、管理を行うこともありますが、問題がなければ経過観察しておけばよいのです。

喘息(ぜんそく)

喘息の原因はいくつかありますが、体質に加えて、アレルギーも大きな原因です。
他にも大気汚染やPM2.5が原因の可能性もあります。
問診と聴診、レントゲンなどで診断を行います。
ぜんそくは錠剤や吸入器で服薬することでコントロールできます。
ぜんそく持ちの人は季節の変わり目に気をつけてお過ごしください。またストレスも要因のひとつかもしれないので、あまり不要な負荷はかけないようにしたほうがよいでしょう。

痛風

痛風足の親指が痛くなるのが痛風のよくある症状です。尿酸値が高くなっても、実際に痛みが出てこないと医療機関を受診しない人がほとんどですが、猛烈に働いているビジネスマンや、肥満気味の方は要注意です。
場合により鎮痛剤を処方します。また高尿酸血症薬を使う場合もありますが、少し緩めに尿酸値を下げるようにしています。あまり大きく尿酸値を下げると、かえって調子が悪くなってしまうケースもあるからです。



かぜ

ウイルス性の軽い症状の方の場合は、投薬して様子を見ます。
しかしのどがすごく痛くて熱があるような場合は、早く回復させる必要があるので抗生剤を投与します。抗生剤を使えばだいたい早く治りますが、使いたくない方の場合投与はしません。

インフルエンザ

インフルエンザ検査を行い、インフルエンザの診断がつけば、タミフルやリレンザ、イナビルを処方します。
イナビルを吸入すれば、インフルエンザの症状が数日で改善します。






胃腸炎

胃腸炎の方もたくさんいらっしゃいます。当院では下痢止めはあまり使わず、整腸剤を使います。おなかを休めて無理に食べないことが第一なのです。抗生剤を処方するケースは少ないです。

横浜市金沢区 内科・胃腸科・放射線科 横井医院 金沢文庫

金沢区 横井医院トップページ

トップページ


金沢区 内科・放射線科 横井医院 京浜急行金沢文庫駅

トップページLinkIcon

高齢者の方

高齢者の方


毎日の安心の暮らしのために、生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病)、不眠症に気をつけましょう。

高齢者の方LinkIcon

40代〜60代の男性の方

40代〜60代の男性


働き盛りの男性の、生活習慣病(突然死)、喘息(ぜんそく)、痛風、かぜ、インフルエンザ、胃腸炎などを治療します。

40代〜60代の男性LinkIcon

40代〜60代の女性の方

40代〜60代の女性


この年齢の女性の方は、コレステロールに気をつけて。

40代〜60代の女性LinkIcon

青年期の方

青年期の方


花粉症・アレルギー性結膜炎・片頭痛・急性膀胱炎・帯状疱疹の治療。健康診断・漢方処方もお任せください。

青年期の方LinkIcon

医院紹介・金沢文庫の町

医院紹介・金沢文庫の町


アットホームな雰囲気の内科クリニックです。最新のデジタルレントゲンで金沢文庫のみなさまの健康を守ります。

医院紹介・金沢文庫の町LinkIcon

スタッフ募集

スタッフ募集


現在、募集は行っておりません。

スタッフ募集LinkIcon

地図・交通案内

アクセス地図


金沢区 ・横井医院への交通案内。京浜急行金沢文庫駅。京急バス「寺前」バス停。

アクセス地図LinkIcon